印刷

アーカイブ

知能機能システム学位プログラム 概要


博士前期課程

集定員

100名

授与する学位の名称

修士(工学)[Master of Engineering]

人材養成目的

工学分野の基礎知識と倫理観を備えるとともに,知能機能システム(人・社会・自然界における複雑な現象を表す数理モデルや,数学・物理学・情報学などの理論に基づいて構成され,様々な機能をもつ要素が連携協調して実社会に貢献する工学システム)に関する専門知識と技術,研究能力を身に付け,広い視野に立って問題を発見し解決できる高度専門職業人を養成する.

養成する人材像

工学分野の高度専門職業人にふさわしい基礎知識と学力,倫理観を備えるとともに,知能機能システムに関する専門知識と技術および研究力をもち,工学分野における社会的または学術的意義のある問題を見極めてその解決に向けて貢献することができる人材.

修了後の進路

大学院博士後期課程,電気・機械・情報通信分野の企業において製品・システムなどの開発に従事する専門技術者

教員研究分野一覧

研究分野一覧



博士後期課程

募集定員

16名

授与する学位の名称

博士(工学)[Doctor of Philosophy in Engineering]

人材養成目的

工学分野の幅広い知識と倫理観,知能機能システム(人・社会・自然界における複雑な現象を表す数理モデルや,数学・物理学・情報学などの理論に基づいて構成され,様々な機能を持つ要素が連携協調して実社会に貢献する工学システム)に関する高度な専門知識と技術,独創的な研究力を備えるとともに,広い視野に立って重要な問題を発見し解決することができる研究者または高度専門職業人を養成する.

養成する人材像

工学分野の研究者または高度専門職業人にふさわしい幅広い知識と学力,倫理観を備えるとともに,知能機能システムに関する高度な専門知識と技術をもち,知能機能システムに関する最先端の研究を行って独創的な成果を上げるとともに,学術的または社会的に重要な問題を見極めてそれを解決することによって,学術や社会の発展に貢献することができる人材.

修了後の進路

大学等の教育機関の教職員,国立研究開発法人等の研究者,電気・機械・情報通信分野の企業において研究開発に携わる高度専門技術者

教員研究分野一覧

研究分野一覧