印刷

アーカイブ

知能機能システム学位プログラム カリキュラム(博士後期課程)

カリキュラムポリシー

教育課程は、知能機能システムに関する高度な研究能力を育成することを第一の目的とし、専門知識や倫理観、汎用的知識・能力は可能な限りその過程で養われる(必要に応じて研究群共通科目、学術院共通専門基盤科目および大学院共通科目を履修することによって補う)よう編成する。

修了要件・履修方法

修了要件

 3年以上在学し、学位プログラムごとに定める修了の要件として必要な授業科目の履修により所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査及び最終試験に合格すること。ただし、在学期間に関しては、優れた研究業績を上げた者については1年(修士課程早期修了者等にあっては当該課程における在学期間を含めて3年)以上在学すれば足りるものとする。

履修方法

 学位プログラム科目群-知能機能システム関連科目-専門科目のうち、知能機能システム特別研究A、B、C、知能機能システム学術雑誌論文発表演習I 10単位及び同専門科目のうちから2単位を修得し、合わせて12単位以上を修得すること。

履修モデル

知能機能システム学位プログラム(後期課程) カリキュラムマップ(2019.9.11版)
  履修モデル
授業科目 科目区分 必修/選択 単位数 アカデミック 企業就職 社会人博士
知能機能システム特別研究A 専門 必修 4
知能機能システム特別研究B 専門 必修 2
知能機能システム特別研究C 専門 必修 2
知能機能システム学術雑誌論文発表演習I 専門 必修 2
知能機能システム学術雑誌論文発表演習II 専門 選択 2    
知能機能システム国際会議論文発表演習 専門 選択 2
知能機能システムコラボラトリ-演習III 専門 選択 1  
知能機能システムコラボラトリ-演習IV 専門 選択 1  
知能機能システム計画調書作成演習III 専門 選択 1    
知能機能システム計画調書作成演習IV 専門 選択 1    
※2単位選択必修