印刷

ニュース

水谷孝一教授指導の西宮康治朗氏が実行委員長を務める学生委員会の活動が日本教育新聞に掲載

2010年11月19日

水谷孝一教授指導の西宮康治朗氏(知能機能システム専攻博士後期課程3年)が実行委員長を務めるIEEE Tokyo Young Researchers Workshop(首都圏の複数の大学に所属する理系の大学院生で構成)が、10月6日に東京都立桜修館中等教育学校で出張授業を行い、理系の研究分野や大学院進学者の将来像などを講義した活動が日本教育新聞(2010年10月11日第5804号第7面)に掲載されました。西宮氏の他に同実行委員を務める知能機能システム専攻所属の学生は、若槻尚斗准教授指導の宝田隼氏(後期課程2年)、小林透氏(前期課程2年)、中内靖准教授指導の鈴木拓央氏(後期課程1年)、長谷川孔明氏(前期課程1年)、水谷孝一教授指導の善甫啓一氏(後期課程1年)です。

新聞記事