印刷

ニュース

荒井裕彦教授指導の関口明生氏が日本機械学会若手優秀講演フェロー賞ならびに日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ROBOMEC表彰を受賞

2010年8月5日

荒井裕彦教授(連携大学院)指導の関口明生氏(知能機能システム専攻博士後期課程1年)が日本機械学会若手優秀講演フェロー賞ならびに日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門ROBOMEC表彰を受賞し,平成22年6月15日に日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2010)において授賞式が行われました.これは平成21年5月に同講演会(ROBOMEC2009)にて発表された「湾曲同期ダイレススピニング加工の開発」に対して与えられたものです.