印刷

ニュース

平成26年度入学者のための博士後期(博士)課程一般および社会人特別選抜2月期入試について

2014年1月23日

2014年1月23日 更新

2014年2月3日に実施する口述試験(個別面接)については,募集要項に記載したことのほか,以下の要領で実施します.

1.試験当日の集合時間,および場所について
  1. 試験日:2014年2月3日(月)
  2. 集合時刻および集合場所: 9時30分,第三エリア工学システム学類棟3L302-2室.
2. 口述試験について
  1. プレゼンテーション時間について:プレゼンテーション時間は20分間です。なお,プレゼンテーション時は15分経過で1鈴目,20分経過で2鈴目を鳴らします.2鈴目がなったら速やかにプレゼンテーションを終了してください.その後試問が行われます.
  2. プレゼンテーション内容について: これまでの研究の概要,進学後の研究計画,志望動機などが明確にわかる内容にしてください.研究業績(査読付き雑誌論文,査読付き国際会議論文,口頭発 表,特許など)が少しでもある場合は,スライドの最後にまとめるなどしてアピールするようにして下さい.筆頭著者でないもの,投稿中または投稿準備中のも のも,その旨明示すれば含めて構いません.
    なお,試験員への資料配付はできませんので注意してください.
  3. プレゼンテーション機器について:プレゼンテーション機器としてPC接続可能なプロジェクタを用意しま す.OHP(オーバーヘッドプロジェクタ)は準備しませんので注意してください.使用するプロジェクタの投影画素数はXGAで,コネクタはVGA端子(D-sub 15pin(ミニ))です.プレゼンテーション用の PCについては各自で準備してください.また、PCが接続できなかった時に備えて,プレゼンテーション資料をA4の用紙に印刷して持参してください.時間 内に発表できる範囲であれば,ページ数の制限はありません.
3. 入学後,早期修了プログラム履修を希望する受験生への注意事項
  1. 早期修了プログラムの履修を希望する受験生は,履修審査に関して志望教員 を通じて早期修了プログラム実施委員と連絡を取るようにして下さい.

(以 上)
※平成26年度実施の博士後期過程 一般および社会人特別選抜 2月期入試に関する情報は、平成27年1月末に更新予定。