印刷

ニュース

知能機能システム専攻の原祥尭氏(博士後期課程2年[日本学術振興会特別研究員DC1],坪内孝司教授指導)が計測自動制御学会学術奨励賞(研究奨励賞)を受賞しました

2014年2月28日

2014年2月21日、知能機能システム専攻博士後期課程2年の原祥尭氏が、計測自動制御学会学術奨励賞(研究奨励賞)を受賞しました。この賞は、計測自動制御学会が主催する学術講演会において、特に優秀な発表を行った若手研究者に贈呈されるものです。

発表論文
原 祥尭, 阪東 茂, 坪内 孝司: “最大事後確率推定により過信を防いだ PointCloud マッチングによる自己位置推定”, 第13回計測自動制御学会SI部門講演会(SI2012)

SICE_HAR_140221